ルナメアACの美容液であるジェルクリームは、ルナメアACの化粧水と同じようにグリチルレチン酸ステアリルが有効成分として配合されています。

また、トコフェロール酢酸エステルも有効成分として含みますが、化粧水のように肌が弱いと副作用に悩まされることになります。

けれども、トコフェロール酢酸エステルによって、副作用を軽減する効果があります。

なぜなら、トコフェロール酢酸エステルはビタミンE誘導体なので、ビタミンEの効果を下げずに吸収率を高めてくれるからです。

そのため、ルナメアACの美容液は他の美容液より副作用を抑えることができるとされています。

ちなみに、ジェルクリームは軽いので肌に塗りやすい分、肌にベタつきを感じやすいとされます。

化粧水のしっとりタイプのように肌をしっとりさせることができますが、同じように肌にベタつきやすいです。

ルナメアACが気になった方はルナメアAC 毛穴も参考にしてください。

けれども、美容液を使うことで肌に潤いを与えることができるので、肌の潤いを長時間保つことができます。

そのため、肌をきちんと保湿できるので肌の乾燥に悩まされにくくなるので、自然とニキビになるのを抑えてくれます。

ジェルクリームは、肌に乾燥を感じる時と、ニキビが肌にできている時に使うことで効果をもたらしてくれます。

ルナメアACのジェルクリームは、ルナメアACの化粧水のように肌にしっかり潤いを与えますが、肌にベタつきやすい美容液となります。

関連記事