日焼け止めに含まれている防腐剤の役割

次々と新しい用語が飛び交う美容業界。
消費者も追いつくのに必死ですが、自身に関して言えばむしろついていけてません。

そしてまたまた登場した私にとってのニューワード。
それが「パラベン」。

ご存知の方にとっては、何を今更かもしれませんが、知らなかった人、意味までは知らない方も多いことでしょう。

パラベンをネットで調べてみると、「パラオキシン安息香酸エステル類」。
何のこっちゃとサッパリわかりませんが、要は化粧品に使われる殺菌用の防腐剤です。

そして一言にパラペンと言っても種類にビックリです。
エチルパラベン・プロピルパラベン・ベンジルパラベン・メチルパラベン・・・

ここまでは知る必要ないですね。

ここではわかりやすく防腐剤と言いますが、化粧品の消費期限を長くするためのものです。

市販の瓶に入ったサプリとかでもそうですが、ばい菌などが入らないように防腐剤が入っていますよね。

化粧品も同様に、ばい菌が入るのを防いだり成分が劣らないように防腐剤が入っているのです。

1週間程度でダメになってはお金がかかってしょうがないですし、同じ状態の化粧品を使うためにも必要といえば必要なものですよね。

パラペンが与える皮膚へのダメージ

日焼け止めにも入っている防腐剤。
品質維持のためには必要ですが、肌にとってみれば必要ないもの。
ですから、防腐剤が入っている日焼け止めは肌に優しいものだとは言えません。

なんの問題もない健康肌の方であればさほど気にする必要もありませんが、肌の体質や弱さもそれぞれです。

防腐剤が含まれていることで、場合によっては、アレルギー性湿疹や接触皮膚炎、かぶれやじんましんなどの症状が出てしまう方もいます。

特に気をつけたいのが赤ちゃんです。

皮膚が出来上がってないベビーにとってはリスクがある成分です。
赤ちゃんの日焼け止めは、持ちが悪くても安全なものを選んだ方がいいです。
使い切れるサイズを選ぶようにすればいいでしょう。

こちらも参考にしてみてください⇒よみうりランドプール 日焼け止め 禁止

関連記事


    最近、気になっているのが飲んで日焼け止め対策ができるというサプリです。 飲むだけで日焼け止め対策ができたら簡単で良いですよね。 特に、夏の暑い日は汗でメイクも日焼け止めも全部流れてしまうので、 しっか…


    秋や冬でも紫外線対策は必要です。 特に秋は雨も少ない行楽シーズン。 気温も涼しくなり始めうっかり紫外線対策を忘れてしまうこともありますが、 運動会やバス旅行などに行く機会が多い時期です。 長時間外にい…


    目元周辺の皮膚は相当薄くできていますので、無造作に洗顔しているという方は、 肌を傷めてしまいます。 特にしわができる原因になってしまう恐れがあるので、 ゆっくりと洗顔することが大切なのです。 しわがで…