オールインワン化粧品てとっても便利でいちど使うと病みつきになってしまう人も多いですよね。
時間は短縮できるし、作業は楽だし、化粧品代も節約できます。
このようにとっても便利なオールインワン化粧品ですが、便利な分デメリットもあるのが事実です。
デメリットはオールインワンですので配合成分を調整できないと言う点です。
もう一つがオールインワンと言えば化粧水美容液、乳液、クリームと言う順番で使うのが一般的ですがオールインワンは1つの化粧品にまとめられていますので順番が同時になってしまいます。
ですのでどうしても肌なじみが悪くなったりべたつき感が出たりすることがあります。
このようなオールインワンの2つのデメリットを解決することができればすごくオールインワン化粧品は便利なアイテムになりますよね。
実はそのようなオールインワンの2つのデメリットを解決した商品があるのです。それがコンシダーマルです。

コンシダーマルは、オールインワンの2つのデメリットを「プラセンタやEGFなどの高級な美容成分」と「100%ラメラ構造」で解決してくれちゃう優れものです。
その話題のコンシダーマルは、オールインワンに珍しく、「マリンプラセンタと発酵プラセンタのダブルプラセンタ」や「ノーベル賞受賞のEGF」と言う珍しい成分が配合されています。

一般的にオールインワン化粧品と言うものは、「コスパが良くそれなりのもの」というイメージがありますよね。

ところが、コンシダーマルには、ライン使いを前提とした基礎化粧品のように高級美容成分がたくさん使われているのです!

オールインワンの欠点を高級な素材で補うと言う点がとても嬉しいですよね。
またこのコンシダーマルは、世界でただ1つ100%ラメラ構造の特許技術を使用しているのです。
日本だけではなくアメリカやヨーロッパなどでも特許をとっていますので他の化粧品外車が100%ラメラ構造の製品を作ることができないそうです。

100%ラメラ構造とは具体的にどのような行動のことを指すのでしょうか?
この100%ラメラ構造と言うものは化粧品の液の成分が羽田のミルフィーユ構造と同じ構造になっている事です。
コンシダーマルを使用すれば、お肌の表面がコンシダーマルの100%ラメラ構造に覆われますので、保湿力が高まります。
また、刺激からお肌をガードしてくろます!

コンシダーマルはこの100%ラメラ構造以外にも嬉しい効能がたくさんあります。
コンシダーマルには、セラミド3、スクワラン、水溶性コラーゲン、ヒアルロン酸Na等、30種類以上のお肌を構成する美容成分が贅沢に配合されています。
それだけではなくパラベンや香料、着色料など使われていないのでとても安心して使うことができます。
お肌への刺激成分を一切使われていないのです。

コンシダーマルについて、詳しい情報はここです⇒コンシダーマル

関連記事


    ひとは誰でも歳をとるにつれ肌にシミやシワなどの老化を現すエイジングサインが出てくるものです。 私たちが歳をとるのは自然の摂理なので私たちにはどうにもなりません。歳をとることは止めようもありませんが、 …


    いろいろな化粧品を試してきましたが、ラピエルが一番お肌がふっくらしました。 バラの香りは好き嫌いが別れるかもしれませんが、塗った後はすぐ飛びます。 お化粧をするときに、下地の相性が悪いとカスのようなモ…


    毛穴対策商品としてソワンがとても評判が良いですよね。 そんなソワンにはやっては(いけない毛穴ケア)が7つ公式サイトに載せられています。 毛穴ケアは正しくやらなければ効果が期待できません。 間違ってやっ…