ヒゲに対して悩みのある男性に評価されているのがゼロファクターです。
主に青髭・濃いヒゲなどといったなかなか剃るだけでは解消できない悩みを持つ方に人気が高まってきているアイテムです。
では、実際にゼロファクターとはどういった商品なのでしょうか?

ゼロファクターはどういった商品なのか

・5αSPローション
・5αSPシェイブジェル

ゼロファクターと言っても種類が2つあります。
ローションは剃った後に使うタイプで、シェイブジェルは剃る前に使うタイプです。
成分に関してはあまり違いがないので、好みによって使い分けるということもできますし同時に使うということもできます。

では、ゼロファクターにはどういう成分が入っていて、どういう効果があるのかをご紹介します。

ゼロファクターの成分はどんなもの?

なぜヒゲが濃くなったり、青髭になってしまうのかという根本的な話になりますが、原因としてあげられるのが活性酵素(5α-DHT)と男性型分泌物です。
特に活性酵素である5α-DHTは、5αリダクターゼが活性化したものなので5αリダクターゼを阻害することができれば濃いヒゲにならないようにすることができます。

ゼロファクターには濃いヒゲの根本的な原因になる5αリダクターゼを阻害してくれる成分を高配合されているので、濃いヒゲへの効果が期待できます。
もちろん脱毛効果ということではなくゼロファクターは使い続けることで、徐々にヒゲを抑えてくれる抑毛ローションまたはシェイビングジェルになっています。
そのため、ヒゲを剃る際にゼロファクターのシェイブジェルを使用して、その後にローションを塗るとよりよい効果が期待できるのです。
ゼロファクターのシェイブジェルとローションの選び方は?

もちろんどちらも一緒に使うことが理想的ですが、どちらかを選ぶとしたらローションから試してみるのがおすすめです。
その理由は、シェイブジェルはヒゲ剃りをする際にしか使用することができませんがローションであれば日に何度か使うことができるからです。
乾燥を感じたときや、リフレッシュしたいと感じたときにも使用することができます。
そのため、まずゼロファクターの効果を実感したいという方にはより使いやすいアイテムです。
すでにシェイブジェルは持っているという方も多いと思いますので、どちらか片方を使ってみたいと悩んだ際にはローションから使ってみてはいかがでしょうか?
まとめ

ゼロファクターは使い続けて少しずつヒゲが薄くなっていくアイテムです。
効果なしという口コミも見受けられますが、それは使うのを途中で止めてしまったり脱毛効果を期待していたという方の口コミかもしれません。
塗るだけでOKなので続けやすく、すでに180万本も売れているという事実もあります。

ゼロファクターは脱毛サロンに行きたくないけど濃いヒゲに悩んでいる方や毎日のヒゲ剃り時間を短縮したい方、青髭で悩んでいる方に向いています。
そういったヒゲ悩みがある方は、まずはぜひゼロファクターを試してみてください。

関連記事

    None Found