お金を融通してくれる金融機関はたくさんありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。
ノンバンクと呼ばれるものは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社などがノンバンクと呼ばれます。
クレジットカード会社や信販会社というのは、商品代金の立て替え業務がメインとされていますが利用限度枠内でキャッシングサービスも行っています。
一方、消費者金融とは貸金業専門になり限度枠内であれば何回でも借入と返済が可能となることが主な特徴です。
誰でも借りれる消費者金融と銀行の違いは業務内容が異なるという点です。
銀行は金融以外にも為替や証券取引など様々な商品を扱っています。
カードローンの申込方法はいくつかあり一般的には、郵送、電話、インターネットがあります。
郵送の場合は、まず申込書を入手して必要事項を記入しましたら返送し、審査の結果を待ちます。
審査に通過し必要資料のコピーを同封して送れば手続きが行われて、ローンカードが郵送されてくることになります。
一方、パソコンやスマホからのネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトにある申込フォームに入力して送信するだけです。
メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。
金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはインターネットのランキングサイトを見れば一覧することができます。
消費者金融ごとにまとめて掲載しているサイトもありますし、一覧表にして分かりやすく表示しているサイトもあります。
個々の消費者金融についてメリットデメリット等わかりやすく紹介してくれているサイトもあるので消費者金融にあまり知識がない人でも、簡単に比較することが可能です。
しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較後、すぐに手続きをすることも可能です。
又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツやポイントを紹介しているサイトもあります。
誰でも借りれる消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。
貸金業法と銀行法の違いは何かというと貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。
総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制により、利用者の借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。
従って、収入がゼロの専業主婦は消費者金融に借り入れ申請をしても仮審査も通りません。
その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。
消費者金融は銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。
当時は今のように法整備が確立しておらず、規定の金利よりも高金利でローンを組んでしまったという人がたくさんいました。
これが、いわゆる過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。
過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。
完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。
消費者金融は借りる時は簡単だけれど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。
確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。
金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行に勝っています。
借入や返済もコンビニで簡単に行える上、ATM手数料が無料という消費者金融が多いですから銀行カードローンよりも便利です。
また、レディースローンを提供している誰でも借りれる消費者金融もあるので女性でも安心して申し込めると人気です。
昨今の消費者金融業界は法律の改正やCM効果によって年々、ブラック企業というイメージは払拭されつつあります。
最近では就職先としての人気も上昇中なようなので誰でも借りれる消費者金融業界の知られざる業務内容や労働条件を詳しく解説していきましょう。
主な業務内容は債務者の個人データをパソコンに入力・管理し、返済が滞っている人に対し督促のお知らせを通知します。
就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。
肝心の年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でノルマ達成などといった成果を上げることでボーナスが期待できます。
誰でも借りれる消費者金融のキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、なんらかの原因があると思います。
過去に自己破産や返済が遅延させた事がある人はブラックリストに入っている可能性があります。
また、消費者金融には総量規制というものがあり年収の三分の一を超える借り入れは不可という規則に引っかかっている可能性もあります。
要は、年収300万円の人は100万円が限度額となり、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。
又、複数の金融業者から借り入れがある人は多重債務者と言って、どの誰でも借りれる消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。
消費者金融のキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。
それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。
誰でも借りれる消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。
銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制があります。
これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。
ただし、住宅ローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。
金融機関で高評価を得る要素は低金利で審査が早いといった理由があげられます。
しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく借入限度額に関しても、借り手によって左右されるので大きな要因にはなり得ないと思われます。
人気ランキング上位のデータを上げてみますといずれの金融機関も審査は最短30分、最大金利18.0%程度なのであまり差はありません。
条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。
又、テレビやラジオで流れるCMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。
一般的に消費者金融のキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高い場合が多いです。
誰でも借りれる消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、明らかに金利が低いことがわかります。
最大貸出限度額は消費者金融の場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行カードローンは800から1
200万円と高額です。
(一部の銀行を除く)しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。
又、銀行の場合は要口座開設などといった条件が付きますが誰でも借りれる消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。
カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中であれば何回でも借り入れや返済を行うことができるというものです。
決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて返済日に引き落としされる「約定返済」が基本の返済方法となります。
引き落される金額は借入残高によってランク分けされて決まっておりその金額の範囲内で利息分を差し引いた後の金額が元本の返済となります。
そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利子を減らす有効な方法となります。
返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり繰り上げ返済はボーナス時等にまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。
現在の消費者金融には怖いイメージはないと思いますが、一昔前は、サラ金や街金と言われちょっと怖い業種でした。
当時はバブル経済によって金銭感覚が狂ってしまった人が増加し気軽にお金を工面してくれるサラ金で借金を繰り返していました。
借り入れたお金には利息をつけて返済する義務があるのですが気軽に借金する人ほど目先の事しか考えていませんので返済できるわけがありません。
一方で、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないと損益が出ますからかなり暴力的な手段で取り立てを行っていました。
今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように自宅まで押しかけてきて玄関先で大声で怒鳴るようなことはなくなりました。
消費者金融というと闇金ウシジマくんのようなものが連想され怖いというイメージを持つ人がいまだに多いですよね。
バブル崩壊期は暴力的な取り立てや深夜にもかかわらず自宅へ押しかけるような行為が横行していました。
現在は、法律が改正され銀行の傘下に入る企業が多くなりましたのでブラック企業のイメージは改善されつつあります。
最近では、テレビのコマーシャルに好感度のタレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。
しかし一方でイメージ戦略に偏りすぎてしまっているCMも多く何のCMだか分からないという声もあがっています。
消費者金融のキャッシングのメリットといえば簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済可能なので手軽に利用することができます。
しかし、カードローンは使い方によってはとても便利なものなのですが住宅ローンやマイカーローンなどといった大きなローンを組めなくなることが心配されます。
住宅ローンは長期に渡って返済していくローンですから借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。
ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査の段階で落とされてしまう確率が大きいのです。
返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組む際にはカードローンは解約しておきましょう。

何らかの理由でお金を借りる必要がある時には、どのようにそれを用意すればよいでしょうか。
人それぞれですが、家族や友人を当てにする人もいるかもしれません。
また、銀行に融資を申し込む方も多いと思います。
しかし、銀行融資を受けるには面倒な申し込み手続きを完了させなければなりません。
銀行は手続きが面倒、でもお金が必要、という場合にはアコムのキャッシングがおススメです。

詳しくはこちらをご参照下さい。
誰でも借りれる消費者金融とは?おすすめはアコム?【審査に通る】

関連記事


    過去の借入実績に関しての信用情報を見ることによって、「貸し付ける対象者に融資しても問題ないかどうか」の裁定を下すのがカードローンの審査の目的です。 マイカーを購入するなど、使途が決まっている目的別ロー…