家の屋根塗装をしようと思った時にまず考えるべき事は屋根塗装に使う塗料の種類はどういうものがあるかという事を考える必要があります。
それはどうしてかというと、家の屋根塗装をしようと思った時は屋根塗装に使う塗料の種類でそのコストが大きく変わってくるからです。
ですから、屋根塗装をしようと思った時はまずはどういう種類の塗料があるか調べるのが大事になってきます。
では、実際に屋根塗装をしようと思った時にどういう塗料があるのかというと、大きく分けてアクリル、シリコン、フッ素、ウレタンの4種類になります。
実際はこれよりも屋根塗装の塗料の種類は多いですが基本的にはこの4種類になります。
では、実際にこの4種類の塗料の中からどの塗料を選べば良いのかというと、人によってかなり事情が変わってくるので一概にこれが良いとは言えないですが、金銭的に余裕があるならフッ素がおすすめです。
それはどうしてかというと、フッ素で屋根塗装をすれば20年近くもつからです。
逆にあまり金銭的な余裕がないならあまりおすすめしないですが、アクリルで屋根塗装をする事になります。
これだと5年くらいしかもたないですが、金銭的に余裕がないならアクリルという事になります。
他の塗料も予算に合わせて検討すると良いです。
こちらに屋根塗装の種類について詳しく書いてあるので参考にしてください。⇒屋根塗装 種類

関連記事